エアコン工事の気になること

もはや年中で必需品と言ってもいいエアコン。近年はエアコンが予め付いている物件が多いですが、中にはエアコンが取り付けられていない家への引越しや家を新築にしたなどで、エアコン工事を考えている人も多いはず。それならば、お得な業者にお願いするのがいいでしょう。

エアコン工事で気になることとは?

壁にエアコンの室内機と室外機をつなぐ穴が開いていないのですが…

壁に穴が空いていない場合は、エアコンと取り付ける事が出来ません。しかし、業者に言えば穴を開ける工事もしてくれます。しかし、コンクリート壁等は別途の料金がかかる事もありますので、気になることがあればぜひ問い合わせてみるといいでしょう。

室外機を置く場所はどこになりますか?

室外機は基本ベランダなどに置く事になります。しかし、壁に取り付ける、屋根などに設置する場合は別途の費用がかかります。

室内機が取り付けられる壁はどんな壁ですか?

基本は様々な壁に室内機を取り付ける事が出来ますが、取り付ける為のビスを打ち込む場合やビスが打てない壁の住居におすまいの場合は別途3000円ほどかかります。

もしかしたら追加料金がかかるかも!エアコン工事前の確認は大事!

エアコン工事の基本料金には何が含まれている?

では、エアコン工事の標準の基本料金にはどのようなものが含まれているのでしょうか。まず、4mまでの配管パイプや穴あけ工事、室外機の設置、アースへの接続、サイドに行なう貫通した箇所のパテ埋めなどが含まれて標準のエアコン工事の基本料金となっています。しかし、穴あけ工事やアースへの接続の際は、別途工事が必要な場合は料金がその分出ますので、見積もりを取ってみるといいでしょう。なお、見積もりの際にかかる料金は業者で異なり、無料のところが多いと言えます。しかし、見積もり依頼したけれど前日などにキャンセルした場合はキャンセル料がかかる可能性もあるため注意が必要です。

エアコン工事前に確認しておくこと

エアコン工事前には、予め家の設置しておきたい場所を確認しておきましょう。室内機も、室外機も設置の為に必要なスペースというものがあります。この際、室外機を置くスペースは、なるべくエアコンの室内機に近い屋外で考えておきましょう。また、室内機の設置位置の確認方法ですが、配置穴やエアコン専用のコンセントがあるかどうかを確認しましょう。どちらも無い場合は別で工事が必要になります。

エアコン工事の流れ

エアコン工事の流れですが、まずは申込み、見積もりを取る所から始めましょう。この際、見積もり代金が出る業者もありますので、確認しておくといいです。見積もり金額に納得できれば、工事に進みます。工事の際、エアコン用の穴が空いていない場合は配管用の穴あけから始まります。次に、室内機を取り付けます。配置する場所に据付版を取り付け、そこに室内機を付けます。室内機の取り付けが終われば室外機の設置です。この際に真空ポンプを使い空気を抜く作業を行います。真空引きと言われる作業が終わり、排水テストを兼ねた試運転が終われば、工事は完了です。

違う部屋への移設も工事業者に

新規取り付け工事だけではなく、部屋から部屋へエアコンを移動させたいと考えている方もいるはずですが、それもエアコン工事の業者に任せるといいでしょう。その際は、取り外し作業も加わりますので、その分の料金がかかります。

エアコン